雛屋建設社

058-265-2451

通常の
相続時精算課税制度
  • 65歳以上の親から20歳以上の子
    (代襲相続人でも可)への贈与が対象。
  • 2,500万円までの
    贈与については、贈与税がかからないため、一度にまとまった贈与が行いやすい。
    • 贈与財産の種類や使途に関する制限はない。
    • 複数回にわたる贈与でも、合計2,500万円までは贈与時には課税されず、相続時に精算課税。相続税額を超える贈与税額は還付。
    • 2,500万円を超える部分については、一律20%でいったん課税される。
  • 贈与された財産は、贈与時の価額で相続財産に加算
    。そのため、値上がりしそうな財産を贈与すれば相続税対策になる。
    • 基礎控除の範囲内であれば、相続税はかからない。
    • 贈与の段階で支払った贈与税がある場合は、相続税額から差し引く
      。一度申告してこの制度を使うと、贈与者である親からの
      その後の贈与は、全て相続時精算課税制度の対象
      となる(暦年課税に戻すことはできない。)ことに注意。すなわち、その親からの贈与には、基礎控除(年間110万円)が一生涯使えないことになる。また、少額の贈与であっても全て申告が必要となる。
   
住宅取得等資金に関する
特例
  • 平成26年12月末までに
    住宅の取得などを目的
    とした資金贈与であれば、親の
    年齢が65歳未満であっても
    、上記制度の適用が受けられる。
上記に関するお問い合わせは、こちらまでお寄せ下さい。

  【免責】