雛屋建設社

058-265-2451

IHクッキングヒーターには、下記のメリット・デメリットがあります。

メリット
  • 火を用いない
    ため、着衣に火がつく心配がなく、立ち消えの心配もない。高齢者や子供でも安心。
  • 天板が平らであり、調理後の
    掃除が簡単
  • 容易に出力(火力)を制御することができ、
    安定した加熱管理制御が容易
    に行える。とろ火から、素早く湯沸かしできるハイパワーまで、出力制御の幅は広い。
  • 使用していない部分を調理スペースとして利用できる。
  • 保温が楽。焦げ付きを気にせず、温度を保ちやすい。
  • 加熱が調理器具の底部のみで行なわれるため、調理器具の
    底部以外の部分が余り熱くならない
    。このため、鍋等の持ち手も熱くなりにくい。調理本やといた卵を近くに置いたままでも問題ない。夏場の調理も暑くない。
  • 換気が最小限で済む
    。また、廃熱が少ないため、冷房のための空調エネルギー消費を削減することもできる。
  • 内装制限がないため、自由な内装が可能。
  • 大規模な震災からの復旧時には、都市ガスと比較して、
    電力の復旧の方が早い
    場合が多い。
   
デメリット
  • ガスコンロに比べ、
    作動していることが明確ではなく
    、また、天板等には高温となる領域もあるため、特有の注意が必要である。火に対する注意力が薄れてしまうと、熱くなっている鍋ややかんでの火傷の危険もある。
  • ガス器具と比べて
    あおり調理(チャーハンなど)に向かない
    。鍋釜等をトッププレートから遠ざけてしまうと、誘導加熱および鍋釜等の温度検出ができず加熱を停止させてしまう機種が多いため。また、トッププレートは摩耗に弱いため。
  • コイル等から発振周波数で生じる音を感じ不快に思う人もいる。
上記に関するお問い合わせは、こちらまでお寄せ下さい。

  【免責】